ぺー、死んじゃう!!

つい先日。

夜中、猫のぺーがいつもより興奮して
ずーっとぐるぐる歩き回っていました。



この時期寒くなるので、
いつもならお布団に入ってくるのに
いつまで経っても寝ようとせず
私も住職も深い眠りにつけずにいました。


朝、いつもは全く鳴かないぺーが
「ぐぁあああああーーー」と
大きな声で鳴いたと思ったら
そのままガタガタ震え、口から泡を吹いて、
のたうち回り、おしっこを漏らして
もう、私たちは何が起こってるのかさっぱりわかりませんでした。


てんぱって、私はぺーと呼ぶしか出来ない中
住職はこれはやばいと
すぐに病院いくからカゴ持ってきて!と。
(こういう時の住職の対応、男らしいです!笑)


私は部屋でぽけーっと、何が起きたかわからず。

すると、あれ?
コーヒーの木の葉っぱ、食べられてる。


それは、昨日まで玄関の外に置いてあった植物。
いくらなんでも寒くなってきたしなぁと
玄関の中に避難させたばかりでした。


そして、洗面台の前に葉っぱを吐いたものが。

もしかして、これが原因?


とにかく住職に連絡。




病院で色々と調べてもらうと
首から下は歳のわりにとっても元気だそうで。


コーヒーの葉っぱが
猫に毒があるかどうかは正直わからない……と。

ほかに痙攣が起こるとすれば
脳に腫瘍があるのかも………と。



えー、脳に腫瘍かもって………しょっく





とりあえず、一旦落ち着いたので
帰宅し家で経過観察。








すると、2時間も経たないうちに
またいきなり、バタバタと震え
口から泡を吹いて朝のような痙攣が起きました。

こんなすぐ!?!?!?

私はまた、ぎゃーーーーー!と、なりながらも
住職はもう仕事に出かけてしまい
あたふたあたふた。

とにかくさっき貰った座薬入れなきゃと
でもどうしたらいいかわからず
住職に泣きそうになりながら電話すると
すぐに病院行きなさい!と。

はい!!!!


と、今度は私が病院へ連れて行きました。



先生がいうに1日に2回こういう痙攣が起こった事は
なんちゃらっていうなんちゃらで
とりあえず、大変なことです!って
先生が言っていて(私は話が頭に入ってこない状態)


また痙攣が起こるかもしれないので
夕方まで病院で預かってもらう事に。









病院に迎えに行きまして、
そして一日たち、
現在ですが、この子、とっても元気なんです。

e0385516_22221608.jpg

びっくりするぐらいの食欲(笑)



結局、このコーヒーの葉っぱが
毒だったのかはわかりませんが
それを食べた事がきっかけで痙攣を起こしてしまったのではないかと。

でももしまた痙攣が起こった場合、
脳に異常がある可能性が高いと。


えー、また痙攣なったら怖いよぉ。
と思いつつ、
とにかくとにかく、
元気ないつものぺーに戻ってよかった〜!!!
(家の中で植物を育てる事はもう怖くてできない!)


今日の夜は、一緒に寝てくれることでしょう
(あったかい湯たんぽがわり)(笑)
e0385516_22425189.jpg


by oteranoyome_l49 | 2018-12-11 18:51 | Comments(0)